スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

娘のおやつ作り

夏休みもあとわずか。
今週は一番手のかかる次男が夏期保育で幼稚園に行っていたため、日中とても楽でした。(笑)
娘と長男は次男がいないうちに宿題の仕上げをしました。
そして、まだ時間が余っていたので、娘がおやつを作ってくれました♪

娘が買っている漫画雑誌に載っていたレシピでオレンジシャーベットを作ります。
1シャーベット作り1

オレンジジュースなど材料を鍋に入れて混ぜているところ。この後、粗熱がとれたら冷凍室で冷やし、一定時間ごとにフォークでかきまぜるって作業をするのですが、きちんとタイマーをかけてやっていました。
でも、おやつの時間までにきちんとシャーベット状になるには時間が足りなかったようでやや柔らか気味に。それとも30分毎っていうのは時間が短すぎだのか?(´д` )
1シャーベット作り2

その後はお父さん用に残していた分は1時間ごとにかきまぜるようにして、こちらはきれいに仕上がりました。
1シャーベット作り3

夏休みの時間があるときならではのおやつですね。旦那も喜んで食べていました。(^^)

各ランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチポチっとお願いします↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

フルーツ缶でライオン

うちにもらい物や在庫のフルーツ缶が残っていたので、ヨーグルトゼリーに入れたり飾りに使ったりしてどーんと使いました。

1ライオンゼリー1
桃はこのように斜めに削ぎ切りして

1ライオンゼリー2
楕円に切っとったところの残りの上にパイナップルをのせ、削ぎ切りにした桃の楕円部分を一部切り取り、パイナップルのうえにのせます。

ちなみに切り取った部分は、たびたびキッチンを覗きにきた子供たちが1つずつ食べていきました。夏休みでなければ私1人で独り占めできたんですけれどね。(^_^;)

オーブンシートに目と鼻、口を溶かしたチョコで描いて冷やし固めた後、桃の上に乗せてライオンさんに。
1ライオンゼリー3

みかんの缶詰を一缶をヨーグルトに入れて固め、その上にできたライオンさんを乗せました。
1ライオンゼリー4
フルーツいっぱいの冷たいデザートです。

普通に切ってのせた方が食べやすいですが、こういう風に形になっている方が子供たち喜びますね。食べるときはフォークとスプーンを両方使います。

簡単なものですが一応レシピ。

分量
ヨーグルトゼリー部分
 ヨーグルト(無糖) 450g
 粉ゼラチン 8g
 缶詰のみかん 1缶(固形物234g)
 砂糖 50g
 水 50㏄

飾り部分
 缶詰の桃(2つ割り) 4個
 缶詰のパイナップル 4枚
 ビターチョコレート 適量

①水に粉ゼラチンを入れふやかす。600wのレンジに20秒ほどかけゼラチンを溶かす。ヨーグルトに砂糖を入れてよく混ぜ、溶かしたゼラチンを入れよく混ぜる。みかんを入れて軽く混ぜ、器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

②上記を参考に桃とパイナップル、チョコを使ってライオンを作る。

③固まった①に②を乗せる。

各ランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチポチっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

かぼちゃプリン・リベンジ

しばらくの間、お盆ってことで義実家、実家に帰省をしていました。
義実家に帰省していた時は博物館で開かれていた昆虫展へ。

1夏休みの1

写真はゴマ粒ほどの小さな水生昆虫を見ている長男と次男。
娘は一緒に行かずに、同じく帰省していた同い年のいとこたちとおじいちゃん家で遊んでいました。
まあ、女の子だからね、昆虫展にはあまり興味がなかったみたいで。(^^;)

さて、その帰省前に作っていたものですが、手のひらサイズのカボチャを利用してのかぼちゃプリン、今度はきちんと固めることができました♪
1くまモンカボチャ2

食べるときはちょっとアクセントにチョコシロップをかけて。
1くまモンカボチャ3

そしてこのプリン、前回作ったときはジャック・オ・ランターンにしていたのですが、今回はこの顔に。
1くまモンカボチャ1

くまモン。
…に、見えるかな?(眉毛忘れてた~^^;)

今回のレシピ
分量(1個分)
 カボチャ 約260g1個
 卵 1個
 牛乳 60㏄
 砂糖 20g

 チョコレートシロップ 適量

①カボチャをよく洗って、ラップできれいに包み、レンジ600wで7分くらい加熱する。手で触れるくらいに冷めたら、くまモンの顔を切り取る。(よく洗った製図用のカッター使用)切り取ったほっぺたは小さい丸の抜き型で真ん中を抜き、抜いた部分をひっくり返してはめ込み、耳にする。ヘタの部分から2㎝位のところを切り、中の種、わたをとり、実の部分をくりぬいていく、顔として切り取ったところは穴が開かないように厚めにしておく。

②①の実の部分を裏ごしする。牛乳に砂糖を入れて混ぜ、耐熱容器に入れてレンジ600wで50秒温める。裏ごししたかぼちゃに溶き卵を少しずつ混ぜてのばし、温めた牛乳を更に少しずつ加えてプリン液を作る。

③②のプリン液をかぼちゃに流し込み、耐熱皿に乗せる。オーブンレンジの天板に皿をのせ、天板に水を600㏄流し込み(お皿に入らないように注意)160度(予熱なし)60分くらい焼く。

④粗熱が取れたらヘタ部分と耳も一緒に冷蔵庫で冷やしておく。食べるときに頭の上の方に切れ込みを入れ耳を差し込み、ヘタ部分をのせる。


各ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、ポチポチっとお願いします↓
人気ブログランキングへ

コンペイトウ作り

暇を持て余している夏休み中の子供たちを連れてコンペイトウミュージアム福岡に行きました。
ここではコンペイトウを作るって体験ができます。(事前予約要)
作る前にはどうやってコンペイトウができるかっていうお話をビデオで見ます。

1こんぺいとう1

テーブルの上にはお砂糖やコンペイトウの種類や、だんだん大きくなっていくコンペイトウの実物見本が置いてありました。
コンペイトウは毎日毎日回転する窯の中で蜜をかけられて少しずつ大きくなるんですね。

1こんぺいとう2

大きな粒(直径1.5㎝くらい)になるのに2週間かかるようです。
体験するコンペイトウ作りはさすがにそこまで時間をかけず、12日目のコンペイトウに色と香り(味)を付けるというものでした。

1こんぺいとう3

実際の工場では直径2mの大きさの窯で作られるとのこと。
次男と写っているのがその2mの窯。コンペイトウミュージアムに入ってすぐのところに展示されている窯です。大きいですね。この中には本物は入っていませんでしたけれど。

1こんぺいとう4

体験で使う窯はその本物よりは小さいもの。
2人1組で1人がコンペイトウをコテで集めて、もう1人が蜜をかけていきます。

1こんぺいとう5

出来立てほやほやのコンペイトウ。
色は写真ではわかりにくいのですが、ピンク、そして香り(味)はマスカットという。(笑)
一緒に体験していた人たちの中でそれぞれ多数決で決めたらそうなりました。

コンペイトウ作りの体験が終わったら再びビデオで今度はコンペイトウの歴史の紹介。
子供向けに作られている映像でしたが大人でもいろいろ勉強になりました。
その間に作ったコンペイトウは表面をきれいに乾かされてお土産に。

1こんぺいとう6

かわいい袋に入れてもらっていて子供たちも喜んでいましたよ。
子供たちにとっていい体験になりました。(*^_^*)


各ランキングに参加しています。
更新の励みになりますので、ポチポチっとお願いします↓
人気ブログランキングへ

夏休みの定番スタンプラリー

前のブログ記事でちらりと書きましたが、今年もスタンプラリーいろいろ参加してます。

1ニンフィア4

JR九州とセブンイレブンがともにポケモンスタンプラリーですが、両方ともまわり切りましたよ。
映画やゲームの宣伝もあるんでしょうね。おかげでポケモングッズがいっぱいです。(^^;)
そういうことで、久しぶりのデカプリンのお絵かきも

1ニンフィア3
ポケモン映画にちなんで新キャラ、ニンフィアとイーブイとピカチュウ。
ちょっとふっくら目のニンフィアになりましたけれど。(^^;)

本体のデカプリンの作り方はいつものデカプリンと同じです。

分量(4~5人分)
 牛乳 400cc
 卵 M4個
 砂糖 60g
 バニラエッセンス 少々
飾り(ホイップクリームは少し残ります)
 チョコレート(ビター) 適量
 生クリーム 100cc
 砂糖 10g
 チョコレートシロップ 適量
 食用色素(赤) 少々
 氷みつ(青) 少々
 
①牛乳、砂糖を耐熱ボールに入れて混ぜる。レンジ(600w)で2分温める。

②別のボールで卵を泡立て器でといて、①を少しずつ加える。出来上がったプリン液を万能こしきでこして、バニラエッセンスを入れて混ぜ、型にプリン液を流し込む。

③天板に②を置き600ccの水を流し入れ、160℃(余熱なし)で35分焼く。
荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
1ニンフィア1

④チョコレートを溶かしてコルネに入れ、③に絵の輪郭などを描く。描き終ったら冷蔵庫で冷やしておく。
1ニンフィア2

⑤生クリームに砂糖を入れて緩めに泡立てる。少し取り分けてチョコレートシロップ、食用色素、氷みつを混ぜて色つきのホイップクリームを作る。それぞれコルネに入れて色を付ける。余白には白いホイップクリームをのせてできあがり。

娘はニンフィア、長男はイーブイ、次男はピカチュウとそれぞれの好みで取り分けました。
取り分けたら当然絵は崩れるんですけれどね。(笑)

各ランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチポチっとお願いします↓
人気ブログランキングへ

手のひらサイズ

うちのグリーンカーテンのゴーヤ、ようやく1個収穫できました。

1手のひら野菜1
手のひらサイズですが。(^_^;)

今年の夏は暑いからでしょうか、実の付き方も悪く、サイズも小さめです。
半分に切って薄切りした後、塩を振り、水分が出たところで水洗いを2,3回して絞り、ごま油でツナ、塩こぶで炒めて晩ごはんのおかずにしました。

1手のひら野菜6

基本、大人が食べるのですが、こうすると意外と野菜嫌いの長男も食べたりして。ごま油の香りと塩こぶのうまみが効いているからでしょうか。

さて、手のひらサイズつながりで、数日前にスーパーでこんなかわいいカボチャを見つけました。

1手のひら野菜2
坊ちゃんカボチャって品種。

こちらも手のひらサイズ。
一目見て気に入った次男が買い物かごに入れてきて、素材として気になったのでそのまま買ってみました。
こちらはこんな感じで

1手のひら野菜3

1手のひら野菜4
時期的に先取りしたかぼちゃプリンに。

でもちょっと焼きが足りませんでした。シリコン型の方はきれいに焼き固まっていたのですが、カボチャの器の方は中は完全に固まってなくとろっとした感じに。
1人でそのまま食べるのだったらいいかもしれませんが、切り分けるには向きませんね。(^_^;)

しょうがないので上からゆるめに作ったホイップクリームとチョコレートシロップかけてごまかしました。
1手のひら野菜5
そういうことで、このかぼちゃプリンのレシピ公開はなしに。
備忘録として材料だけ。

 カボチャ 約260g1個
 卵 1個
 牛乳 100㏄
 砂糖 20g

 ホイップクリーム
  生クリーム(植物性) 100㏄+砂糖 15g
 チョコレートシロップ 適量

味はまあまあだったので、次に作る時にはきれいに切り分けられるようにしたいです。

各ランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチポチっとお願いします↓

人気ブログランキングへ
プロフィール

ゆみtan

Author:ゆみtan
食べることとちょっぴり手作りの好きな3児の母です。
子供の為に作ったものをブログで残していけたらなと思っています。

お知らせ
FC2おすすめブログに選んでいただきました↓
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おすすめ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お気に入りブログ
おやこえにっき

△おやこえにっき

♪たのしいようちえん♪

△♪たのしいようちえん♪

トモにゃん日記

△トモにゃん日記

プクリン日記

△プクリン日記

アクセスカウンター
レシピブログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。